診療案内

脳神経外科とは

脳神経外科とは脳神経外科とは、脳や脊髄、末梢神経系といった脳神経系全般の疾患の中で、主に外科的治療の対象となる病気の診断・治療を行う医療の一分野です。
一般的な救急対応、MRIなどの画像診断、内科的治療、脳卒中後の全身管理など、神経系の病気に関することならお任せください。

具体的には以下の症状の治療を行っております。このような症状でお悩みの方は当院までご相談ください。

  • 頭に関する症状
    頭痛がひどい、頭が重い感じがする、頭を強く打った、頭部が傷ついてしまった
  • 脳に関する症状
    物忘れや認知症の診断、脳卒中後遺症、脳腫瘍(良性)の術前、術後フォロー、脳動脈瘤の経過観察
  • 手足に関する症状
    一時的に(慢性的に)手足のしびれや脱力がある、脳卒中後から手足のこわばりに悩んでいる
  • その他の症状
    めまいやふらつきがある、まぶたや顔面のぴくつきが気になる、顔面の痲痺(顔の曲がり)や顔の痛みがある、一時的に意識を失った、けいれん、てんかん

診療の流れ

1.ご来院

来院時には健康保険証や各種医療証、紹介状(お持ちの方のみ)、お薬手帳または現在服用中のお薬をご持参ください。
また、過去のMRIやCTの検査結果とレポートをお持ちの方は、そちらもお見せいただけると診察の際に役立ちます。

2.受付・問診票の記入

受付後、問診票をご記入ください。

3.診察

現在の症状や疾患について、できるだけ詳しくお話ください。
治療内容について気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

4.画像検査のご予約

診察の結果、画像検査が必要であると判断された場合には精度の高い画像検査を行います。
当日検査の予約ができない場合は翌日以降に予約をお取りします。
MRI・CT検査の結果は基本的に当日に医師からご説明し、後日結果を郵送いたします。

5.お会計

窓口にてお会計をして終了となります。経過を追って検査が必要な場合には、次回のご予約を取っております。
処方箋を交付された方は、交付日を含め4日以内に近隣の保険・調剤薬局でお薬をお受け取りください。

よくある症状

頭痛

頭痛頭痛は、誰もが一度はかかったことのある症状です。現在の日本で頭痛に悩まされている患者様は約1,000万人といわれております。

頭痛は、一次性頭痛といわれる命に関わることのない場合が多いものの、中には片頭痛や群発頭痛など、激しい痛みが出る頭痛もあります。この場合、日常生活に支障が出てしまうケースもあり、患者様にとっては非常に大きな負担となります。
また、脳の一時的損傷から頭痛が起こることもあり、こうした緊急性の高いケースが頭痛を訴える患者様の約2割に存在するといわれています。この頭痛はくも膜下出血、脳腫瘍、脳動脈解離などが原因となっている2次性頭痛であるため、一刻も早い適切な処置が求められます。

当院では、MRIによる診断及び漢方治療、内服治療、神経ブロックなど、それぞれの症状に適した治療で頭痛の改善を目指しています。頭痛にお悩みの方はお気軽にご来院ください。

めまい

めまい多くの人がめまいと聞いてイメージするのは、「ぐるぐる回るような感覚に陥る状態」だと思います。これは回転性のめまいと呼ばれるものです。めまいの種類はこれだけでなく、「頭がふわふわする」「身体が宙に浮いたような感じがする」「ふらつきがひどい」などのパターンもあります。

めまいは脳、耳、循環障害・内科的要因などが原因で起こります。その中でも、脳が原因の場合は、脳梗塞や脳出血の初期症状として起こっているめまいである可能性が高く、速やかに適切な診断をすることが求められます。

当院では、頭部MRIの他、重心動揺計・3CCDフレンツェル眼振鏡による診断、漢方薬などの内服治療、めまい体操の指導などを行い、めまいやふらつきの改善に取り組んでいます。お悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

物忘れ(認知症)

MRI

    • 身近な人にもかかわらず、名前が思い出せない
    • 鍋の火を消し忘れることが多い

といった、日常生活での物忘れを、経験したことはありませんか?
人は50代を境に老化が始まると言われていますが、老化が原因で起こる物忘れには問題はありません。
しかし、物忘れの中には病的原因によって引き起こされるものがあります。その最たる例が認知症です。認知症は、脳の損傷や萎縮により、思考や記憶に障害の出る病気です。65歳以上の10人に1人が発症していると言われている病気です。

認知症や物忘れは、当院で導入している1.5テスラMRIによる検査で早期発見が可能となっています。認知症にはさまざまなケースがありますが、中には脳神経外科や内科領域の病気が原因で、治療できるケースも存在します。

当院で治療を行う他、症状に応じて認知症治療の専門医をご紹介することもできます。

手足のしびれ

手足のしびれ手足のしびれや脱力は、脳、脊髄・末梢神経、内科的疾患など、さまざまな原因から起こります。

しびれや脱力で特に注意したいのが、一過性脳虚血発作です。これは「今後脳梗塞になるかもしれない」という身体からのサインであることも多いのですが、しびれや脱力が1時間以内という短時間で収まってしまうため、軽視してしまいがちです。

脳梗塞を防ぐためにも、少しでも異変を感じたら検査を受けるようにしましょう。当院ではMRIによる脳の血管を含めた精密検査、脊髄によるしびれ・脱力の診断を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

脳卒中

脳卒中脳卒中とは、脳の血管の病気のことです。
寝たきりや認知症のほとんどの原因となり、くも膜下出血や脳梗塞などもこれに含まれます。

発症するとリハビリや介護などが必要な状態になってしまうことが多い病気です。そうなった場合、身体的にも経済的にも大きな負担が患者様とそのご家族にかかってしまいます。

脳卒中は早期発見と、生活習慣病の適切な管理で予防することが大切です。特別な症状がなくとも、血管や脳の状態を定期的にチェックしましょう。

 

人間ドック

人間ドック

脳の萎縮の程度を確認する他、ご自身ではわからない無症候性脳梗塞などの発見に役立つ検査です。

当院の人間ドックは2つのコースがあります。

 

Aコース 32,400円

脳の断層撮影を行うMRI、脳と頸部の血管評価で脳に行く血管の狭窄や閉塞、
脳内の血管異常や未破裂脳動脈瘤の発見に役立つMRA、認知症チェックを行います。

Bコース 49,680円

脳の断層撮影を行うMRI、脳と頸部の血管評価で脳に行く血管の狭窄や閉塞、
脳内の血管異常や未破裂脳動脈瘤の発見に役立つMRA、認知症チェックに加えて頸部エコー、
採血によるコレステロール、中性脂肪などの検査、さらに全身血管年齢などについても評価します。

Aコースよりも詳細な検査です。