くろだ脳神経・頭痛クリニックは、脳神経外科、整形外科、頭痛外来、脳ドックなどの各種診療を行っている岩手県盛岡市の病院です。

脳卒中ってどんなもの?

脳卒中について

日本人の三大死因のひとつとして知られている「脳卒中」。正式には「脳血管障害」と呼ばれるもので、脳の血管が破れてしまう「脳出血」と、脳の血管が詰まってしまう「脳梗塞」の2つに大別されます。

脳出血って??

脳出血は、脳内の細小動脈が破れて出血を起こす「脳内出血」と、脳動脈瘤が破裂する「くも膜下出血」に分類されます。脳内出血の場合、まれに頭痛や吐き気などの前兆が現れますが、たいていは何の前触れもなく突然発症することが多いのが特徴です。一方、くも膜下出血の場合は「ものが二重に見える」「頭が割れるように痛い」といった初期症状が顕著に現れます。

□脳梗塞って??

脳梗塞は、動脈硬化によって狭くなった血管が最終的に閉塞する「脳血栓」と、血液のかたまりにより血管が詰まる「脳塞栓」に分類されます。「半身が痺れる」「手に持っているものを落としてしまう」「言葉が出てこない」「ろれつが回らない」などの症状が見受けられたら、発作の前兆かもしれません。

これらの初期症状は、数分から数時間でおさまるような一過性のものが多く、「放っておけばそのうち治るだろう」と、軽く考えられがちです。しかし、そのまま放置しておくと症状が悪化するおそれがあるため、頭痛などの症状が現れたら早めに受診されることをおすすめします。

また、一般の病院で「問題なし」と診断された場合でも、専門クリニックで別の診断結果が出ることは少なくありません。少しでも不安を感じたら、頭痛外来や脳神経・頭痛専門クリニックを上手に活用し、病気の早期発見・早期治療に努めましょう。

脳卒中の種類

いろいろな病気のご紹介

髄膜腫 :肩こり・頭重感

髄膜腫 :肩こり・頭重感

髄膜腫

髄膜腫 :肩こり・頭重感

髄膜腫

髄膜腫 :頭重感

髄膜腫 :頭重感

髄膜腫

 

頭蓋咽頭腫

頭蓋咽頭腫

頭蓋咽頭腫

 

拍動性頭痛  両側上顎洞炎

拍動性頭痛  両側上顎洞炎

拍動性頭痛  両側上顎洞炎

拍動性頭痛  両側上顎洞炎

拍動性頭痛  両側上顎洞炎

未破裂脳動脈

未破裂脳動脈

未破裂脳動脈

未破裂脳動脈

未破裂脳動脈

横静脈洞血栓症:頭重感・吐き気

横静脈洞血栓症:頭重感・吐き気

横静脈洞血栓症

横静脈洞血栓症:頭重感・吐き気

横静脈洞血栓症

くも膜下出血

くも膜下出血

くも膜下出血

くも膜下出血

くも膜下出血